昔とは違ったものとなっている消費者金融

金融機関が個人に無担保で融資することを主とする金融機関を、消費者金融と言います。

 

昔は、サラリーマンを対象にして、無担保と言いつつ、実質的に賃金債権を担保として、高金利で貸していたので、『サラ金』と呼ばれており、あまり良いイメージではありませんでしたが、2006年に「貸金業の規制等に関する法律等の一部を改正する法律」が成立して以来、大手銀行等も参入するようになり、社会の意識が変わりました。

 

今では、女性や自営業者も気軽に利用出来るようになり、利用者は、日本人の約10分の1にあたる約1300万人と言われています。名称も、「消費者金融」に変わりました。

 

いつでもお金が借りられるので、例えば、銀行の引き出し手数料が発生する深夜や休日にお金が必要な場合には、手数料よりも消費者金融の金利の方が安いので、消費者金融を利用した方が便利です。計画的にお金を管理する人にとっては、強い味方であると言えます。

 

銀行や、大手ファイナンシャル企業、クレジット会社、外資系等、様々な形態から選ぶことが出来ます。コマーシャルやキャッチフレーズ等も充実して、今では、悪いイメージはなくなりました。

 

来店不要で、無担保で、一定の要件を満たせばいつでも誰でも融資を受けられる消費者金融は、今後も益々利用が拡大すると考えられています。

 

安心の消費者金融なら即日融資で借りるのが便利なため、少額のキャッシング利用でも気軽に申し込みを進めてください。