おまとめローンにおける注意点

クレジットカードのリボ払いや消費者金融の借り入れなど、数万円~数十万円の借り入れが何件かある場合、それぞれの利息も高く、また、返済日が多いため、面倒でもあります。こういった場合、おまとめローンが活躍します。

 

おまとめローンとは数件の借り入れを1件にまとめるためにする借り入れのことで、返済日がまとまるほか、利息制限法の規定により、金利が低くなることがあるというメリットがあります。

 

利息制限法では元本10万円未満には年利20%以下、100万円未満では18%以下、100万円以上では15%以下の金利でなければならないとされており、例えば30万円の借り入れが4件ある場合、金利はそれぞれ最高18%となるのに対し、1件にまとめた場合、金利は最高でも15%になるのです。

 

この利息制限法の規定はあくまで最高金利を定めたもののため、金融機関によって借り入れの金利は異なります。そこで、おまとめローンをするにあたっては借りる金融機関の金利も重要になってきます。多くの金融機関で貸出金利は4.8%~18.0%などのように幅をもって表示されています。

 

これは借入金額や借り手の信用度などによって金利が異なることを示しています。もちろん人によって違いますが、一般的にこの上限の金利を目安として金利の安い金融機関を選ぶようにするといいでしょう。

 

最後に、おまとめローンはあくまで複数の借金をまとめるだけであり元本が減るものではありません。返済が楽になるからと言って新たな借り入れをするのはやめておきましょう。