キャッシングサービス「プロミス」の審査詳細

大手消費者金融の「プロミス」は借入条件があり、69歳までの成人で安定した収入がある事が基本的な条件となっています。

 

プロミスのキャッシングが人気

 

プロミスでの借入の際は最初に審査を受ける事となりますが、この時に運転免許証または健康保険証またはパスポート等の身分証明が可能である証書が必要となります。

 

外国籍の人が借りる場合には在留カードまたは特別永住者証明書等も必要となります。他に必要な書類は源泉徴収票等を含む収入を証明出来る書類や、個人事業主であれば確定申告書の写し等が必要で、これらの書類を全て揃えた上で審査となります。

 

「プロミス」の審査詳細は最も時間が短縮出来る審査申し込みはインターネット上の申し込みであり、24時間いつでも対応可能で最短30分程度で出来ます。公式サイトからの申し込みとなり、指定の必要事項を入力する事で完了となり、その後に30分程経った時に結果が出ます。

 

他の方法は店頭での契約申し込みや電話での申し込み、自動契約機による無人契約もあります。無人の契約機は日本全国に設置がされており、人口の多い愛知県内においても名古屋のプロミスを見ても分かる通り、非常に多くの設置数があるのです。

 

「プロミス」の審査申し込みの際には、消費者金融という事で注意点もあり、借入額も法的な規制で年収の3分の1を超えた額は原則として不可能となっています。他には特に初めての融資を受けようとする場合には融資限度額に関する注意も必要です。

 

利用者に配慮したプロミスの審査

プロミスの審査は、個々の利用者に配慮した使いやすいものとなっているのが特徴です。このサービスの場合は、大手の銀行系のサービスである事から、安心してサービスに申し込みができます。

 

また、即日での融資にも対応しており、夜の八時までならば、当日に窓口でカードが受け取れるという利点もあります。

 

これは査定が短時間で完了する独自のシステムを採用している為で、インターネットで可能な申し込みを採用し、最短で数十分程度で評価が完結するものとなっているためです。

 

プロミスでは、この簡易的な査定システムを導入することにより、融資の可否がその場で分かるシステムを構築しており、素早い融資に対応しているのです。

 

他の銀行カードローンに比べて審査基準がいくらか低くに設定されている傾向があり、借りやすさという点にも配慮されています。多くの銀行系のローンは、融資限度額も高額になることから、査定項目では返済能力が重要になり、必然的に査定の基準も高くなります。

 

しかし、プロミスではアルバイトや自営業主の方にも融資を提供するなど、柔軟な姿勢で融資のサービスを提供しています。そのため、利用しやすさに配慮したサービスとなっているのです。

 

そして、プロミスはオンラインでの借り入れにも対応しているので、24時間の借り入れも可能になっています。

 

カードローンの審査は正直に

どうしても期日までにお金を用意しなければいけない、そんな時に手軽に利用する事が出来るカードローンを利用する人は多くいます。しかし、カードを既に持っている人は改めて申込みをする必要は有りませんが、まだ1回も使った事が無い人や、他社では借りているけれど別の会社で融資を受けたいと思っている人は利用の際に申込みが必要となるのです。

 

また、その後は勿論審査が行われます。カードローンの審査で聞かれる内容は簡単な事ばかりですが、自分にとって不都合な事を聞かれる可能性もあります。例えば他社借入件数がどれくらいか、既にいくら借金があるかという事です。多分この金額だと融資を受ける事ができないのではないか、そう思った事も有る人もいるでしょう。

 

そして、ついつい少し少な目に申告してしまう事も有るはずです。結論から言うと、融資を受けたいからと言って、嘘の申告をするのはいけません。調べたら分かる事なので、正直に答えるようにしましょう。

 

また、銀行系は確かに審査が厳しく、融資までの時間もかかってしまいますが、消費者金融系は比較的そうではありません。もし銀行系のカードローンを申し込んでNGだった時は、消費者金融系の方に申し込むのも賢い選択です。
オリックス銀行カードローン審査

2014/11/02 12:28:02 |
総量規制や貸金業法の改定などで、金融機関はかなり経営努力をしています。大手と呼ばれる消費者金融でも、自分たちだけでは経営が立ち行かなくなって、銀行の傘下に入り、経営を安定させてきました。カードローンのサービスが世間一般に受け入れられ、クリーンなイメージがついたのも、この経営努力があったればこそです。このサービスを用いることで、サラリーマンなどはだいぶ自由になるお金が増えました。給料のみで暮らす場合と比べ、金融サービスを利用している人は、裕福な暮らしをしています。無制限にお金が借りられるわけではなく、基本的には計画した上でお金を借りなくてはならないカードローンですが、最近は短期間に完済すれば利息...
2014/11/02 12:28:02 |
クレジットカードのリボ払いや消費者金融の借り入れなど、数万円~数十万円の借り入れが何件かある場合、それぞれの利息も高く、また、返済日が多いため、面倒でもあります。こういった場合、おまとめローンが活躍します。おまとめローンとは数件の借り入れを1件にまとめるためにする借り入れのことで、返済日がまとまるほか、利息制限法の規定により、金利が低くなることがあるというメリットがあります。利息制限法では元本10万円未満には年利20%以下、100万円未満では18%以下、100万円以上では15%以下の金利でなければならないとされており、例えば30万円の借り入れが4件ある場合、金利はそれぞれ最高18%となるのに対...
2014/11/02 12:28:02 |
カードローンはインターネットを使えば、24時間365日いつでも申し込みが可能です。つまり、真夜中でもパソコンやスマートフォン、モバイルを使って申し込めるのです。もっとも、これは真夜中に直ぐに借りられるという意味ではないので注意が必要です。いつでも申し込みができても、審査時間は24時間ではないためです。真夜中に受け付けられたものは、朝9時以降に順次処理されます。助かるのはいわゆる金融機関や貸金業者の営業日に限らず、土日祝日でもインターネット申込みの審査を行っていることです。元日はお休みの業者もありますが、最近では元日すら営業する業者も登場しています。本人確認書類の提出はスマートフォンなどのカメラ...
2014/11/02 12:28:02 |
女性の方の中には、消費者金融でお金を借りたいと考えていても、対応するスタッフが男性だと少し抵抗があるという方がいらっしゃるかもしれません。そのような方は、女性スタッフ専門の消費者金融会社を利用すると良いでしょう。女性のスタッフ専門の消費者金融は、店頭の窓口で対応をしてくれる方も、電話での問い合わせもすべて女性なので、安心してキャッシングの相談をしたり、返済計画を立てたりすることができるでしょう。どのようにして女性スタッフ専用の消費者金融を探すのかというと、レディースローンという名称のローンを探してみることです。レディースローンの特徴は、対応するスタッフが女の人ということ以外にも、インターネット...
2014/11/02 12:28:02 |
金融機関が個人に無担保で融資することを主とする金融機関を、消費者金融と言います。昔は、サラリーマンを対象にして、無担保と言いつつ、実質的に賃金債権を担保として、高金利で貸していたので、『サラ金』と呼ばれており、あまり良いイメージではありませんでしたが、2006年に「貸金業の規制等に関する法律等の一部を改正する法律」が成立して以来、大手銀行等も参入するようになり、社会の意識が変わりました。今では、女性や自営業者も気軽に利用出来るようになり、利用者は、日本人の約10分の1にあたる約1300万人と言われています。名称も、「消費者金融」に変わりました。いつでもお金が借りられるので、例えば、銀行の引き出...